配当金生活を夢見る20代のブログ

投資デイズ

投資

宝くじが当たったときに失敗しない方法

更新日:

宝くじで金銭感覚が狂うと人生不幸に

昨日に引き続き宝くじの話です。別に、当たらなかったことを引きずっているわけではないですよ!

前回記事:当たる確率が低くても宝くじを買う理由

今回は、宝くじが当たったときに失敗しない方法について考えてみます。

宝くじは夢があると書きました。しかし、当選して巨額のお金を手にしたばかりに不幸な人生を歩んでしまう方もいるようです。

何故宝くじが当たると不幸な人生を歩んでしまうのか?

その原因の一つが、巨額のお金によって金銭感覚が狂ってしまうことだと思います。

億単位のお金があれば、よっぽど高価なものでない限り、これまで欲しかったものは何でも手に入るでしょう。家や車、ブランド品など挙げればキリがありません。

一つだけと思って購入しても、まだまだお金に余裕があるからあれもこれもと思って買ってしまう。そして、気が付いたらお金がなくなっている。人間の欲は果てしないものです。

日常の生活で使う食材や消耗品などについても、これまで使っていたものよりも高価なものを使うようになれば出費がドンドン増えていきます。

一度、生活水準を上げてしまうとなかなか元に戻せないものです。お金があるときは問題ありませんが、お金が少なくなったときに高い生活水準を維持するのは不可能です。お金がないのに高い生活水準でしか満足できないという状況は、まさに地獄ですね。

宝くじが当たったら、運用しよう!

では、どうすればいいでしょうか?

ここはやはり投資するべきです!

多額の当選金を使って、資産を着実に増やしていくのです!

例えば、バレンタインジャンボ宝くじの1等2億円が当選した場合、私なら次のように運用します。

高額配当株(長期保有):1億円
短期売買目的の株:5千万円
投資信託:3千万円
現金預金:2千万円

高額配当株で収入を得つつ、短期売買目的の株で大きなリターンを狙い、投資信託で着実に資産を増やす。何かあったときのために、現金預金も用意しておきます。

基本的にそれまで通りの生活をするのが前提です。生活水準を上げることは、金銭感覚が狂うことにつながりかねませんからね。

1億円分(実際はそんなに区切りよく購入できませんが)の高額配当株の配当率が5%であれば、単純計算で年収500万なので収入としては十分でしょう。

どうでしょう? 何もせずに2億円を持っているよりも、確実に資産が増えていくので安心ではありませんか?

まとめ

・宝くじが当選して不幸になる原因の一つは、大金によって金銭感覚が狂うこと
・宝くじで不幸にならないように、投資で資産を増やす
・生活水準も変えない

せっかく大金が手に入っても不幸な目に遭うようでは悲しすぎます。そうならないように、日頃から資産運用について考えていたいものです。というわけで、今回はタイムリーな宝くじを切り口に取り上げてみました。

投資をやっていてよかったと思うことがいくつもあるのですが、その中の一つが今回取り上げたような、大金をいかに運用するかという考え方ができるようになったことですね。

投資をやっていなかったら、貯金するという選択肢しか浮かばないでしょうから(笑)。

それでは、今日はこのへんで!

-投資

Copyright© 投資デイズ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.