配当金生活を夢見る20代のブログ

投資デイズ

働き方、生き方 書籍

『無敵の思考』がマジで“無敵”だった!

更新日:

2ちゃんねるの開設者ひろゆき氏の著『無敵の思考―誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21』を読みました。

本書では、お金の有無ではなく考え方次第で幸せに生きられるということを、ひろゆき氏の21のルールとともに紹介しています。

というわけで、今回は読んだ感想をまとめます!

幸せを感じられるのに必要なものは

本書を読んでいて、印象的に感じたのが以下の3点。
・幸せを感じられるのは、趣味や自分の時間である
・お金がある、お金を使うことが幸せではない
・モノづくりを楽しめる人は最強

そもそも幸せとは何でしょうか。非常に定義が難しい言葉ですが、ひろゆき氏の考えはシンプルです。

 大前提として、僕たちは「幸せ」を感じるために、ゲームをしたり映画を見たりするという趣味や自分の時間が必要です。
(ひろゆき著『無敵の思考―誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21』P.5)

おお、確かに! 仕事とプライベートの両立を目指した私が欲しかったのは、そういうものでした!

幸せを感じられるのは、趣味や自分の時間。一方で、お金があれば幸せになれるという価値観もあります。お金があれば、好きなものを買ったり、外食の回数を増やしたり、生活水準を上げてしまいがち。ですが、それって本当に幸せになるの?というのがひろゆき氏の主張です。

 生活を続けるお金、つまりランニングコストが高いと、そもそも、「仕事を辞める」という選択肢がなくなってしまいます。すると、どんなにイヤなことがあっても、「言われたことはちゃんとやらなきゃいけない」というマインドセットになります。
 これが別に、生活レベルが低ければ、「じゃあ辞めるわ」と言って簡単に会社を辞めて、他の仕事を始めたりできます。
 給料は下がってもタダで楽しめるのであれば、食う分だけ稼いで楽しい生活をするという生き方をしたっていいはずです。
(ひろゆき著『無敵の思考―誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21』P.7)

つまり、生活水準を維持するために稼がないといけないので、仕事を辞められなくなるわけです。本人にとってその仕事が本当に好きで好きでしょうがないみたいな状況は別ですが、ストレスに耐えつつ働いていると辛いですね。

さらに、残業や休日出勤があって、自分の時間を削らないといけなくなってくると、ひろゆき氏の考える幸せな状態ではありません。もし、生活水準が低ければ、給料は下がるけど残業のない会社に転職するという選択肢もできるわけです。

「モノづくり」ができる人は“無敵”である

本書では、お金があったりお金を使ったりすることが幸せではなく、幸せを感じられるのは趣味や自分の時間であるということが冒頭で書かれています。

その上で、ひろゆき氏の21のルールが紹介されていきます。どのルールも非常に興味深いのですが、中でも印象に残ったルールをご紹介します。

それは、『「モノづくり」をする』というルールです。

 消費者のままの人生から抜け出すためには、クリエーターになるという方法しかありません。モノづくりをする人は幸せを感じることができますからね。
 たとえば、「絵を描いて幸せ」や「写真を撮って幸せ」「文章を書いていて幸せ」などということです。
 これらは、「お金をかけなくても幸せになれる手段」なので、それを持っていると、自分の時間さえあれば、その分だけ幸せになれます。つまり、時間があればあるほど幸せを感じられる“無敵状態”になれるわけです。
(ひろゆき著『無敵の思考―誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21』P.63)

お金をかけずに幸せになる方法、それがモノづくりであるというのがひろゆき氏の考え。

私はこうやってブログを書いているわけですが、ブログを書くのにお金はかかっていません。厳密に言うと、電気代やネット代、サーバー代といった維持費はかかっているのですが、それでも大した額ではありません。

元々文章を書くのが好きだった私としては、ほぼタダで書いた文章をこんな風に発信できるのは非常に幸せだなと思います。

別にブログでなくとも、文章は紙とペンさえあれば書けます。例えば、書いた文章を新聞の投書欄に送って掲載されれば対価を得ることもできますから、文章を書くというのは非常にコスパがいいと感じますね。

私の場合だと、投資の知識のアウトプットを目的にブログを始めたので勉強したことの理解を深めつつ、幸せを感じられるわけですから、まさに一石二鳥!

まとめ

個人的には本書を読んで、自分の考えに確信を持てました。何かというと、仕事とプライベートの両立を目指したのは間違いではなかった、ということです!

仕事が大好きで大好きでしょうがない、というわけではない私にとって、自分の時間は大事です! ブログを書いたり、友人と遊んだり、家族と談笑したりしている時間が楽しいのです!

現在、仕事とプライベートの両立ができている私はまさしく“無敵”なんだ!(笑)

また、ブログを書いていることに関しても、お金をかけずに楽しい時間を過ごせているということを再認識できました。

あと、投資をする身として、非常に共感できたのが、ランニングコストを上げずに生活するという考え方ですね。私は生活費や交際費は最低限に抑えて、可能な限り投資に回しています。それは、配当金で生活するという目標があるからなんですが、仮に配当金で生活できるようになったとしても、私は生活水準を今より上げるつもりはありません。

本書でも書かれていましたが、生活水準を上げてしまうと、それを維持するための稼ぎが必要になり、もしかしたら、幸せを感じられる時間を削らないといけなくなってくる可能性があるわけです。つまり、生活水準を上げてしまったばっかりに配当金以上のお金が必要になれば、働かないといけないわけです。それは、私の目指すところではありません。

つまり、私が目指しているのはお金による自由の獲得なのです! だから、大金は欲しいけど、高いものを買ったり食べたりしたいわけではなく、労働から解放されたいわけです。

ひろゆき氏の考え、大変勉強になりました。21のルールの中には、会社のような組織で働く人間にはかなり実行が難しいようなものもあるのですが、それでもそういう考えがあるのかと思えれば自分のためになると思います。

というわけで、おすすめです!

-働き方、生き方, 書籍

Copyright© 投資デイズ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.