配当金生活を夢見る20代のブログ

投資デイズ

投資

職場の先輩と退職金の話をしたら、iDeCoには闇があるという話になった

投稿日:

先輩「うちは退職金が1,000万いかないんだよな」

私「だったら、iDeCoどうですか?」

先輩「年金と一緒で本当にもらえるかどうかなんてわからんよ。闇があるかもしれないじゃん」

私「闇ってなんですか!」

昨年の出来事です。

職場の先輩と退職金の話になりました。

以前の記事でもご紹介したとおり、私の職場は退職金が1,000万円よりも少ないらしいです。

東京都労働産業局の調査によると、中小企業に勤める大卒が自己都合で退職した場合には、勤続30年で750万円の退職金をもらえるそうです。

私の職場は大企業ではなく中小企業なので、1,000万円もらえないのは仕方ないと思います。

ただ、私の先輩は1,000万円という数字に何か強いこだわりがあるようで、退職金の話になるたびにその数字を出します。

先輩の両親やご兄弟は地元で有名なメーカーに勤めています。おそらく、そこの退職金が1,000万を越えているから、先輩の中で退職金の基準になっているようです。

だからこそ、今の職場で退職金が1,000万以上もらえないのに納得できないご様子。

そこで、私はiDeCoを勧めてみたわけですが、まさか闇があるという返事が来るとは驚きです。

先輩「年金だって、うちらが納めた金を投資で何兆円も減らしたって言うし」

私「えー、そうなんですか??(うわー……)」

話がそれたうえに、年金の積立金をGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が溶かしたという間違いを平気で口にされるとは!

GPIFのことを訂正しようとするのは面倒だったので、私はそれ以上何も言いませんでした。

iDeCoで月1万円の積み立てを30年続けて、7%で運用すれば1,000万円も夢じゃないのに!

闇があるのは、勉強不足の先輩なのではと思ってしまった出来事でした。

-投資

Copyright© 投資デイズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.