配当金生活を夢見る20代のブログ

投資デイズ

その他

夢や目標、忘れ物防止まで! 様々な場面で欠かせない想像力

更新日:

皆さんは想像力豊かですか?

珍しく、呼びかける見出しからスタートしてみます!

私は豊かなほうだと思います。想像を通り越して妄想することもしばしば(苦笑)。

小中高校のときに朝に読書する時間がありましたが、その時間の目的の一つは想像力を豊かにすることでした。

今思うと、あの時間は非常に大切なものだったと思います。

何故なら、大人になってから想像力が必要になるからです。

夢や目標を思い描いて、モチベーションを上げる

では、一体どんなときに想像力を働かせるのか?

まずは、自分の目標や将来像の具体化です。

私の場合、10年後に株の配当で生活したいという夢があります。その夢を思い描いたときに、まさに頭の中でその夢を再現するのです。

総資産は1億超え。50%を高配当銘柄に、30%を投資信託に、20%をテンバガー狙いに使う。今の仕事をやめ、朝は7時に起床。朝食後、新聞やニュースに目を通し、午前中はブログや部屋の片付け。午後からはスポーツジムでたっぷりと汗を流し、夕飯とともに冷えたビールを流し込む。夜はアニメや映画を見る。

夢というか妄想みたいなものですが、こうやって記事を書きながら頭の中に実際にそのように過ごしている様子を浮かべることで非常にワクワクしてきましたよ!

単に10年後に株の配当で生活する、と思うだけでなく、じゃあもしその夢が叶ったときにどんな生活を送りたいのか、どんなポートフォリオを組みたいのかみたいな細かい部分を想像力を働かせて思い描くことでモチベーションが上がります。

モチベーションが上がれば、夢や目標に向かって頑張れるわけですね。

余談ですが、大学生のときに、OBやOGを招いて話を聞く授業がありました。その中で、将来どんな風になっていたいかを考える回があったのですが、当時の私は斜に構えて「人生なんて、いつ何が起こるかわからない。そもそも、就活で入りたい企業に入れるかもわからないのにそんなことを考えても仕方がないだろ!」と思っていました。。。

当時の私は今より経験が浅く、視野も狭かったので、想像力を働かせて将来像を思い描くことをやめていたのです。

今だから言えることですが、長い人生において、何の夢や目標もなく生きるのはもったいないです。夢や目標に向かって頑張れた方が楽しいはず。

場面を想像して、忘れ物をなくす

日常生活の中で、危険を回避する際にも想像力を使います。

例えば、忘れ物をしないためのベストな方法は何だと思いますか?

この問いかけは、以前勤めていた会社の先輩から言われたのですが、答えは場面を想像することです。商談でも買い物でも、自分がこれから行う行動であれば何でもいいです。その場面を想像してみてください。

商談であれば、相手と会って名刺を交換して、商品についてまとめた書類を相手に渡す。そして、商談が始まる。一つ一つイメージしていくと、名刺や書類といったその場で必要なものが見えてきますよね。

用事先に出かける前に、その場面を想像することで忘れ物を防げます。

妄想で鍛えた想像力

では、想像力ってどう鍛えればいいんでしょうか?

一般的には読書することがいいと聞きますが、私は読書もいいけど映画とか漫画とか様々なメディアに触れることがいいと思います。

私は小学生のときに、登下校しながら最近見た映画や読んだ漫画のことを考えていました。内容は、「自分だったらこういうストーリーにするのにな」とか「こんなキャラクターがいたらおもしろいのに」とか。つまり、映画や漫画をもとに色々と想像するわけです。いや、どちらかという妄想に近いかも(笑)。

でも、それがすごく楽しくて、日常的に想像力を働かせるという作業を行っていました。

まとめ

・想像力は大人になってからも必要
・想像力を働かせて、夢や目標を具体化する
・忘れ物を防ぐなど危機回避にも応用
・私は妄想で想像力を鍛えた!

想像力が必要になってくる場面は他にも色々あるでしょう。それぐらいに、実は日常生活の中で想像力を働かせる場面があります。

想像力が豊かだとアイデアを考える力も高まると思ったのですが、それには発想力も関係してくるので今回は外しました。

想像力が豊かだからといって、いいアイデアを出せるとは限らないのです。。。それに関しては苦い思い出がありますし、未だに苦手です。。。

想像力だけでなく、発想力も鍛えたいですね。

それでは、今日はこのへんで!

-その他

Copyright© 投資デイズ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.