配当金生活を夢見る20代のブログ

投資デイズ

投資

投資をする上で初心者がやってはいけないこと

更新日:

投資をする上で、初心者がやってはいけないことがあります。

やってはいけないことを知ることで、私も含めた初心者が少しでもリスクを抑えて投資することにつながると思うのでご紹介します。

レバレッジ効果が働く信用取引をしない

投資をするときは、より多くの資金があるほうが資産運営を行う上で有利です。

例えば、同じ100万円という金額を増やすにしても、100万円を200万円にするのと、1,000万円を1,100万円にするのとでは難易度が違います。

100万円を200万円にするためには100%のリターンが必要ですが、1,000万円を1,100万円にするためには10%のリターンがあればいいわけです。

そのため、私のようにテンバガー狙いで個別銘柄を購入するときも、少しでも多くの株数が欲しいわけです。

そんなときついつい考えがちになるのが信用取引。

信用取引では、自分の持っている資産以上の取引が可能です。30万円しかなくても100万円の取引ができます。いわゆるレバレッジです。

より大きなリターンを狙えるわけですが、損をする額も大きくなります。資産以上の取引ができる分リスク大というわけです。下手すると資産以上の損失を出す場合もあります。

信用取引も上手く使いこなすことができれば、少ない資産で大きな利益を上げることができますが、初心者のうちは手を出さない方が無難でしょう。

まとまった資金を一度に投資しない

一度に大量の資金を投資するのもやりがちです。

100万円あったとして、一度に100万円投資するよりも、毎月額を決めて複数回にわけて投資をしたほうがいいです。

毎月額を決めて投資を行うと、例えば投資信託の場合、価格が高いときには少なく、価格が安いときにはたくさん口数を購入することが可能です。そうすることで、リスクを抑えて安定したリターンが期待できるとされています。これをドルコスト平均法といいます。

これもまた場合によりますが、一度に100万円投資したほうがリターンが大きいときがあります。しかし、それは市場の動きをある程度予想できるベテラン向けのやり方です。初心者の場合はやめておきましょう。

まとめ

・信用取引は身の丈以上のリスクを負うことになる
・まとまった資金を数回にわけて投資することでリスクを抑える

私は信用取引をやる予定はないのですが、まとまった資金があると一気に投資したくなってしまうのでせっかちだなと反省しています。。。

「ちょっとずつ投資するよりも、たくさん投資した方が儲かりそう!」と思うのか、はたまた多くの額を投資することに満足しているのか。うーん、まだまだ未熟です。もっと機械的に投資できるようになりたいものですね。

それでは、今日はこのへんで!

-投資

Copyright© 投資デイズ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.