配当金生活を夢見る20代のブログ

投資デイズ

投資

宝くじは募金していると思って買ったほうがいい

投稿日:

過去にも記事にしていますが、私は宝くじを買っています。年末ジャンボも買いました。もちろん当たりませんでしたが(苦笑)。

過去記事:宝くじが当たったときに失敗しない方法、当たる確率が低くても宝くじを買う理由

宝くじが当選する確率は極めて低いです。それは人が雷に打たれて死ぬ確率と同じ確率で、パチンコや競馬よりも当たらないと言われています。最近では若者の宝くじ離れによって地方自治体が財源確保に苦労しているというニュースもありましたね。

また、宝くじは還元率もかなり低いです。還元率とは、宝くじを買った人から集めたお金をどれだけ買った人に返しているのかというもの。宝くじはこの還元率が約50%です。例えば、宝くじを買った人から1億円集めた場合、5,000万円から当選金が支払われ、残りの 5,000万円は販売元に行くということになります。だから、宝くじを買った時点で半分は販売元にとられていると言えます。

当たる確率は人が雷に打たれて死ぬ確率だし還元率も低い。そんなものにお金を使うぐらいなら投資したほうがいい。そう考えるのが投資家として普通でしょう。

ただ、宝くじの購入金額の約半分は販売元にとられていると言いましたが、その益金は公共事業などに使われます。だから、自分が購入したお金が自分の住んでいる地域のために使われていると考えれば、宝くじが当たらなかったとしても自分が宝くじを購入したことによって地域のためになったと捉えることもできます。だとすれば、最初から地域のために募金していると思って買った方が気も楽になるんじゃないかと思います。

宝くじには夢があります。ですが、夢を見すぎて余剰資金以上の金額の宝くじを購入したり、はずれたことに必要以上に大きなショックを受けたりすることはやめるべきです。

物は考えようで、あわよくば当選してほしいけど、はずれたらそれはそれで社会のために募金したと思えば、宝くじを買うことも非常に有意義なことになるんじゃないかと思います。

というわけで、私は今後も宝くじを購入していきます。先日、初夢宝くじを購入しました。結果はあまり期待しないですが(笑)。

それでは、今日はこのへんで!

-投資

Copyright© 投資デイズ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.