配当金生活を夢見る20代のブログ

投資デイズ

投資

コロナショックによる株価急落を受けて

投稿日:

新型コロナウイルスの影響で、世界の市場が混乱しています。今回の暴落はリーマンショック級なのではないかとも言われていますね。

日経平均株価も17,000円代となり、私のポートフォリオの評価損益率も6桁のマイナスです……!

しかし、私の心はどこか穏やかです。

資産が目減りして、嬉しがる変態だからではありません。

暴落が、買い増しをする絶好のチャンスだからです!

例えば、アメリカ経済はブラックマンデーやリーマンショックがあっても、それを乗り越えて成長してきました。もちろん、株価の暴落はしていますが年月をかけて回復しています。日本もリーマンショック後、アメリカよりも年月はかかっていますが一応乗り越えています。

暴落は一時的なもので、いずれ経済状況は好転する。そう思えれば、この暴落は投資家にとってチャンスでもあります。暴落は「株価のバーゲンセール」とも言われており、普段買いたくても買えない銘柄を普段よりも安く買えるわけです。

もちろん、買った企業の株価が必ずしも右肩上がりの回復をするという保証はありません。

現在、コロナウイルスの影響で、経済活動に陰りが出ているのも事実です。日本でも自粛ムードが広がり、イベントやアーティストのライブ、歓送迎会や旅行など人々がお金を使う場面が次々と中止となっています。人々がお金を使う機会が減れば、経済は回りません。資金に余裕のない個人事業主や中小企業の倒産が相次ぐのではないかという話も出ています。

そのため、コロナショックのような状態で個別の企業に投資をするのは非常にリスキーともいえます。ただ、先ほども述べたとおり、暴落は一時的なものです。なので、個別の企業ではなく市場に連動するような金融商品を買えば、資産を増やせる可能性は大いにありえるでしょう。

ということを踏まえて、私は今後も投資を続けます!

具体的には、日本株への集中投資を行います。投資する銘柄は、北の達人コーポレーション(2930)とあんしん保証(7183)です。

今回のように、株価が暴落している中での個別株への投資はリスキーだと言いました。それなのに何故、個別株への集中投資を行うのか?

それは、投資する2社が今後も成長するであろうと信じているからです!

2社ともに株価は下がっていますが、今のところ赤字ではなく、ちゃんと利益を出しています。また、北の達人が取り扱う美容品・健康食品はリピーター率が高いものであり、あんしん保証のサービスも賃貸を利用する人がいる限り必要とされるもので、景気の影響を受けづらいのではないかと考えています。

なので、今後の成長がますます期待できるというのが私の考えです。だから、そんな将来有望な企業の株をバーゲンセール価格で買えるのはかなりラッキーだと思うのです。

コロナショックから市場が回復するのにどれくらいの年月を要するのかはわかりません。ですが、私は自分で決めた投資方針に従って、愚直に投資を続けていきます。

それでは、今日はこのへんで!

-投資

Copyright© 投資デイズ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.