配当金生活を夢見る20代のブログ

投資デイズ

投資

投資信託は長期投資に最適! 毎月コツコツ積み立てよう!

更新日:

投資信託は少額から投資できるけれども

少ない資金から投資できるのが、投資信託の魅力の一つ。

以前、投資信託に関する記事の中で、証券会社によっては100円からでも積み立てられるとご紹介しました。私が利用している楽天証券は100円から積み立て可能です。

過去記事:株初心者には、投資信託がおすすめ!

では、月に100円ずつ投資するとどれくらい儲かるのでしょうか?

月に100円ずつ投資して、年率10%の利益が出た場合、

1年:1,200円(投資金額)+120円(利益)=1,320円
2年:1,320円+1,200円(投資金額)+252円(利益)=2,772円
3年:2,772円+1,200円(投資金額)+397円(利益)=4,369円
4年:4,369円+1,200円(投資金額)+556円(利益)=6,125円
5年:6,125円+1,200円(投資金額)+732円=8,057円

実際は毎年同じ利率で利益が出ることはありませんが、5年で8,057円貯まります。うーん、かなり少ない(苦笑)。

今度は投資金額を大幅に増やして見てみましょう。月に10,000円ずつ投資して、同じ利率の利益が出た場合、

1年:120,000円(投資金額)+12,000円(利益)=132,000円
2年:132,000円+120,000円(投資金額)+25,200円(利益)
=277,200円
3年:277,200円+120,000円(投資金額)+39,720円(利益)
=436,920円
4年:436,920円+120,000円(投資金額)+55,692円(利益)
=612,612円
5年:612,612円+120,000円(投資金額)+73,261円(利益)
=805,873円

100円ずつ投資した場合の約100倍の金額になります! この差は圧倒的です!

確かに、少額から投資できるのが投資信託の魅力の一つですが、ある程度のリターンを求めるなら投資金額を増やす必要があります。

目指す資産の金額から考えるのもいいと思いますし、自分の今のライフスタイルに合わせて投資金額を決めるのもありでしょう。

あくまで余裕のある資金で投資しましょう。

投資信託は長期投資向き

先ほどの計算式を見てもらえればわかるとおり、年率10%は次の二つを合計した金額にかかっています。

・前年(もしくはそれ以前も含めた)の投資金額+利益
・その年の投資金額

「その年の投資金額」は決まっていますが、「前年(もしくはそれ以前も含めた)の投資金額+利益」の部分は投資をしている年数が長ければ長いほど大きくなります。

月に10,000円ずつ投資した場合の2年目の「前年(もしくはそれ以前も含めた)の投資金額+利益」の部分は132,000円ですが、5年目のときには612,612円です。

金額が大きい方が年率10%の数字も大きくなるわけですから、投資年数が長いほど資産がより増えていきます。

これが複利と呼ばれるものです。増えた資産をさらに投資に回すことで、どんどん資産を増やしていけます。

なので、複利の力を最大限発揮できるように、投資信託は長期的に購入するのがおすすめです!

まとめ

・投資信託は少額から投資できるが、ある程度の利益を求めるなら投資金額を増やす
・複利の力を強めるために、投資信託は長期投資で!

投資のシミュレーションの計算をしながら、改めて複利ってすごいなと思いました。

ただ、ガチガチの文系である私は、本当にこの計算で合っているのかと少しヒヤヒヤしながら計算式を打ち込みましたが(苦笑)。

もし間違っていたら、ごめんなさい。。。

それでは、今日はこのへんで!

-投資

Copyright© 投資デイズ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.